採用支援のサービスシステムの肝

採用支援のサービスシステムの肝と言うのは、まずは様々な採用プロセスをフロー化させて、それを視覚的に管理できるようになるのが大事です。数人程度の応募者となるようなところであれば、そこまで気にしないでも良いことではありますが、数百人、数十人単位で人を使っているところは、さすがに採用支援システムが必要になります。いくつものメディアから応募されることになりますから、それを一元化できる、というシステムも求められています。完全に自動、そして、メディアとの連動ができますと途轍もなく事務処理がとても楽になります。目的としては、応募者を増加させることと、不採用はともかくとして、辞退を抑える歩留まり向上が重要です。採用事務の効率を高めることができれば、経費削減に繋がることになりますから、これは事業にとってかなり大事な要素になります。

採用支援としての求人サイト

採用支援サービスとしては、よくあるのが求人サイトです。これも一つの採用支援の一つであるといえます。多くの場合は定額のサービスであるわけですが、中にはね成功報酬型というのもあります。これは要するに多くの人が応募してくればくるほど料金を支払う、ということになります。しかし、それで採用辞退をされてしまっては意味がないですし、単純に人だけが集るだけでは採用コストが上昇してしまうので、細かいかところで良いサービスがある必要があります。この手のサービスはしっかりと自社の採用管理システムとの連動が必要になります。そうすることによって、かなり効率性は高くなることになります。もう一つとしては、人材の管理システムとしては、採点なども出来ている状態であるとよいです。面接の点、筆記の点などを明記できます。どこで面接をするのか、などの情報も付与できると便利になります。

採用支援システムは企業によって

採用支援をする為のシステム、つまりは、管理システムであるわけですが、これは企業によって違います。どうしてかといいますとなんといっても企業によって採用に関する課題がまったく違うからです。採用工程における重要な要素もまったく違うので独自のシステムを持つほうが効率がよくなる可能性が高いです。しかし、一々、そんなことをしているわけにもいかない、というのがコスト的にあります。そこで良い方法としてあるのが、柔軟性があるシステムを導入することです。採用支援システムにも細かい設定を変えることができる物もあります。それを利用すれば、自社の採用工程、管理に見合ったシステムとすることができる可能性があります。課題は多いでしょうが、少しずつ調整をしていき、自社にフィットする採用支援システムを構築すると良いです。